マンション査定ガイド | 媒介契約

媒介契約を締結することは、その後の売却活動の入口となる重要なステップです。ですので、内容をきちんと理解しておく必要があります。そうすることで、もしかしておきるかも知れないトラブルを未然に防ぐことができるのです。

 

媒介契約で主に明らかにされる点としては2つあります。

 

1つは、仲介業者からどのようなサービスを受けるかということです。
2つ目は、仲介手数料です。このようなことをしっかりと書面にて残すことで、安心して取引を行うことができます。

 

媒介契約には「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3種類があります。今回は専任媒介について詳細を調べていきたいと思います。

 

・専任媒介とは?

依頼した1つの不動産屋との契約で、他の会社には依頼できません。つまり仲介業者が1つにはじめから絞られているのです。専任という言葉からもその意味が理解できます。ですので、他社の媒介により成約したときは違約金が生じます。それだけではありません。自分で買い手を見つけた場合には、営業経費など不動産会社にかかった費用を支払う必要があります。そして、依頼を受けた仲介業者は売主への2週間に1回以上の状況報告が義務づけられています。一般媒介とは対極にいる媒介手段といえるでしょう。

 

・専任媒介のメリット。

1つの業者としか、取引を行えませんのでこれが逆に、情報整理の容易さにつながります。自分で情報をまとめる必要ななく、業者が行ってくる報告がすべての情報なので、それらを見ればすべての情報を知ることができます。

 

売り手側にだけではなく、仲介業者側にとってもメリットがあります。ほかの業者から先を越されることはないので、先を越される心配がありません。ですので、広告費等を多く使った積極的な販売活動が業者側としても行いやすいのです。最終的には業者は利益を見込めるからです。熱心に営業を行ってもらえる可能性が増えます。

 

・専任媒介のデメリット。

仲介業者が1つしかないので、依頼した仲介業者への依存度が高くなってしまいます。1つの業者を通しての取引となりますので、買い手側の幅が狭まってしまうのも事実です。この結果競争になりにくいかもしれません。もしかすると、ほかの業者ならば更なる高値で不動産を取引する相手を見つけることができるかも知れないからです。

 

 

どの媒介手段を選ぶにしても後悔のない手段を選び、自分の売り方にもっとも合った媒介方法を選択しましょう。

マンション査定ガイド | 媒介契約エントリー一覧