マンション査定ガイド | 瑕疵担保責任

瑕疵担保責任という言葉を聞いたことはありますか?瑕疵担保責任とはどういうものなのかを説明したいと思います。

 

・瑕疵担保責任とは?

売り買いをする物件に隠れた瑕疵が見つかった場合に、売主が買い主に対して責任を負わなければならないということです。瑕疵とは、外部から容易に発見できない欠陥のことで、一見見ただけではわからないもののことをさします。

 

これは通常生活して利用するに当たり、最低限確保されていなければならないものが保たれていない欠陥を意味します。隠れた瑕疵が見つかった場合、買い主は契約解除や損害賠償の請求をすることができます。購入した物件に瑕疵が見つかった場合に、その責任を誰がとらなければならないかという問題を瑕疵担保責任といいます。

 

・瑕疵担保責任が当てはまる場合。

契約解除や損害賠償の請求を行えるのには一定の条件があります。買い主が契約の際に瑕疵の存在を知らなかった場合に限られています。加えてその存在を知らなかったことに対して買い主には、落ち度がないときのみに当てはまる責任となります。

 

どんなものを瑕疵とみるかというと、構造部分の欠陥や建物の雨漏り、シロアリに柱が食べられていたなどが一般的な事例です。瑕疵担保責任を追及できる民法上の期間は、特別な規定はありませんが、瑕疵の事実を認定してから1年以内です。

 

・瑕疵担保責任が契約事項に記載されていない場合

このような場合は、売主が責任を取るのか?または、買い主が責任を取るのかということが大きな論争点になります。瑕疵担保責任が記載されていないのであるならば、基本的に民法に沿うことになります。

 

民法では、瑕疵があることを認識した日から1年以内に申請をするならば、売主に対しての責任を追及することができます。この場合、損害賠償の請求になります。つまり、瑕疵がどんな問題であったとしても売主に対して修繕費などを請求することができるのです。

 

・瑕疵担保責任を契約事項に記載する場合

瑕疵担保責任についてどのような扱わなければならないといった具体的な指針はありません。ですので、売主と買い主の自由となります。瑕疵担保責任に一定の期間を定めそれを契約書に記載する場合もあれば、引渡し後は瑕疵担保責任を一切負わないという記載を行う人もいます。

 

ただし、売主が不動産会社の場合は別です。物件の引渡し日から最低2年以上の瑕疵担保責任を不動産会社は負わなければなりません。

 

マンション査定ガイド | 瑕疵担保責任エントリー一覧