マンション査定ガイド | マンションに掛かる税金はいくら?

マンションを売却する際にも購入する際にも、考慮に入れたいことのひとつとして税金のことがあります。これを考えていないと後になって、驚いてしまうこともあります。どんな税金があって、どれくらい税金はかかるのでしょうか?行動に移る前に正しい知識を付けて、後々税金でこんなにかかったとびっくりするようなことがないようにしましょう。また、税金が払えないということがないように税金も予算の中にきちんと入れましょう。

 

・マンション売却時にかかる税金

マンションの場合、一定の条件がありますが3000万円以下の物件ならば基本的に税金は免除されます。これに適用されるための条件はありますが、多くの方がこの税金免除の恩恵にあずかることができます。

 

3000万円を超える物件の場合は、売却額から3000万円を差し引いた額に所得税がかかってきます。たとえば、3500万円でマンションが売れたのであれば、

3500万円―3000万円=500万円


この差額の500万円にたいしての所得税がかかってきます。また、この所得税は収入によってかかってくるパーセントが変わってきます。所得の高い人はその分税金も高く引かれます。それでも3000万円に対しての所得税ですからかなりの負担軽減です。

・マンション保有期間中にかかる税金

不動産には固定資産税がかかってきます。毎年、4期に分けて請求が行われます。これはマンションの資産価値によって決められます。ですから、毎年同じ額を請求されるのではなくて、年によって変わってきます。土地の高騰がなければですが、マンション自体(建物自体)は年月が経つにつれて老朽化していきます。ですから、一般的に固定資産税も安くなります。

 

・マンション購入時にかかる税金

マンション購入時にかかる税金として考えられるのが、不動産取得税や住宅ローン減税などがあります。これは建物の年数に応じて決めれるために一定の額ではありません。

 

興味深いのが、中古のマンションと新築マンションの初期費用(税金)は価格が違ってくるのです。どちらが安いかと結論を言うと、実はマンションの価格自体が同じならば新築マンションのほうが安いのです。それは、建物の年数が多ければ多いほど不動産取得税や住宅ローン減税は高くなるからです。

 

ほんの数%の違いですが、購入するものの額が高いため結構な差額になります。マンション購入時にはこのような税金も念頭にいれておきましょう。

マンション査定ガイド | マンションに掛かる税金はいくら?エントリー一覧