マンション査定ガイド | 一般媒介契約

不動産の売却を行う場合は、たいていの場合仲介業者に依頼するのではないでしょうか?そのようなときに行うのが、不動産会社との媒介契約です。一言に媒介契約といっても、種類が3つありその中からの選択となります。3種類は、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」です。

 

このような媒介契約を結ぶ理由としては、事前に不動産会社とのトラブルを防ぐためです。売り主が不動産会社に依頼する業務(サービス)の内容、仲介手数料などを明確にします。書面にすることで後々に起こりがちなトラブルから双方を守ってくれます。仲介の依頼を受けた不動産会社は、媒介契約の締結が法的に義務づけられています。

 

今回は一般媒介を詳しく考えてみたいと思います。一般媒介とは何か?メリットデメリットを比較検討することで、どの媒介手段を選ぶかを決める参考材料になります。

 

・一般媒介とは?

複数の業者に重ねて仲介を依頼できるタイプを一般媒介と呼びます。その中でも、並行して依頼している不動産会社に、ほかの会社を明示しなければならない「明示型」と、そうではない「非明示型」があります。

 

・一般媒介のメリット

複数の業者との取引も可能ですし、非明示型ならば自分で発見した相手と取引も可能です。ですから、売り手にとって有利な条件で取引できる機会が増えるのです。さらに、複数の仲介業者がいますので、購入者の幅が広がります。

 

ただし、最近ではインターネットの普及によりこのメリットは薄れつつあります。また、仲介依頼を受けた会社での競争心が働き営業を熱心に行う業者もいます。

 

・一般媒介のデメリット

業者側の立場からすると、ほかの業者に先を越される可能性もあり営業活動をそれほどしないケースもあります。競合他社で成約となる可能性もあるため、利益が業者としては少なく販売活動にコストをかけられない場合もあります。加えて仲介業者に報告義務が無いので、最新の情報のアップデートに不安があるのも事実です。

 

どの媒介手段を選ぶにしても。基本的な契約内容は同じです。しかし、それぞれ特徴をよく理解しなければなりません。どの種類の媒介契約を選択するかについては、売却活動の進め方、希望する売却方針などを考慮に入れて、自分の意思で選ぶようにしましょう。自分のやり方に一番会う種類の媒介方法を選択しましょう。

マンション査定ガイド | 一般媒介契約エントリー一覧